スポンサーリンク

49歳女性「頼むから普通の人を紹介して!」 結婚相談所への不満

1:名無しさん+:2018/12/09(日) 01:27:55.65 ID:TvDkNHhG0.net
30代女性が婚活する理由の一つに出産リミットがあるだろう。では、アラフィフ世代は結婚に何を望んでいるのだろうか。
私の高校時代の友人で、アロマセラピストの木下智美さん(仮名・49歳)は、10年前に結婚相談所に入会。
しかし、未だ理想の相手とは出会っていない。木下さんは斉藤由貴似の美人。高校時代は彼氏もいて、
私たち男子は羨望の眼差しで見ていた。(永谷正樹)

(中略)

今まで会ったのは10人くらい。仕事はメーカーの研究や開発、製造といった、いわゆる理系男子が多かった。中学、高校、大学、そして職場においても、

女性とはほぼ無縁の生活を送っていたと思われる。相談所の担当者が勧めたのは、婚期を逃したオジサンばかりだった。言い方が悪いが、「売れ残り」しかいなかったのだ。

「食事へ行こうと思っていた店を下調べしていなくて、その日は定休日。車の中でフリーズしてしまった人とか、自分が通っていた大学院の博士課程修了書を持参して、

まるで裁判所の前で『勝訴!』みたいに自慢げに目の前でそれを広げた人もいた。テニスが趣味という人とテニスコートで待ち合わせしたら、
地味顔に似合わない派手なイ工□ーのウェア姿。しかも、今どきセカンドポーチを小脇に抱えて。容姿にはこだわらないって決めていたけど、どうしても無理だった」

女性と縁がないのであれば、スナックやキャバクラへ行って少しでも女性慣れする努力をすればと思うが、きっと、その勇気もないのだろう。
しかも、そんな男性を「自分にぴったりの相手」だとか、「きっと幸せな結婚ができると思う」と勧めてくる相談所にも嫌気が差してきた。

40代前半までは男性会員から面会のオファーは少なからずあったが、半ばを過ぎた頃にはめっきりと減った。と、いうか、ほぼ無くなった。
49歳となった今、結婚についてどのように考えているのだろうか?

「そりゃ結婚したいし、しなきゃいけないとは思ってる。さすがにもう子供は諦めざるを得ないけどね。このまま一人で生きては行けないから、
一緒に人生を歩んでくれる心優しいパートナーがほしいよね。恋人同士のベタベタとした関係ではなくて、精神的な繋がりを求めてる。
相談所には、頼むから普通の人を紹介してって言いたい」

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00010001-danro-life

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1544286475

続きを読む

スポンサーリンク